会社に属さず1人で生きれるか試してみた!【現在進行中】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社に属さず1人で生きれるか試してみた!

金無しコネ無し根性無しのゆとりが会社に属さない生き方を模索するブログです。

ブログで稼げると確信してる3つの理由

どうも、1人で生きれるモンッ です。

ヤッホォー♪

 

今日の記事は自分のための備忘録ブログです。1人で生きれるかチャレンジが終わった後に、なんで失敗したか・成功したか考えるために残します。

 

もしくは、1人で生きれるかチャレンジ終わった後に、誰かが見に来て

「こういう思考パターンでいくと失敗するんだなor成功するんだな」

 みたいな参考に成ればと思って書きます。

 

ブログで稼げると確信してる理由その①

1人で生きれるモンッは成功するには2パターンしかないと思ってます。

  1. 自転車1人で乗れるもんタイプ
  2. 逆上がり1人でできるもんタイプ

ネーミングふざけてて、すみません。

自転車1人で乗れるもんタイプ

f:id:sousyokukusao:20170403153302j:plain

近くに、既に自分がしたいことを実現してる人がいて、何度失敗しても起き上がらせてくれる。諦めようとしたら、ケツ引っ叩いて引きずってでも練習させてくれて、成功するパターン。

 

自転車乗れる用になった時が、いい例で自分の父親がずっとそばで支えてくれたから、今自転車乗れてるんだと思う!

逆上がり1人でできるもんタイプ

f:id:sousyokukusao:20170403153343j:plain

もしくは、誰も近くにサポートがいなくても、1人で出来るか出来ないか分からないけど、夢中になってそれ自体が楽しくて、気づいたら成功するパターン。

 

逆上がり出来た時がそうだった。

 

 

今の1人で生きれるモンッは、逆上がり練習状態だから、いける気がしてる。

 

 

ブログで稼げると確信してる理由その②

f:id:sousyokukusao:20170403153407j:plain

芸能人の出川さんでもモテるんだから、なんとかなる!w

(出川さん不細工の代表にしてゴメンナサイ。)

 

どんな不細工でも日本中探せば、その人のことをタイプと思う女性は見つけられる。それと同じで、ある程度ブログで意味のあることを発信して、露出を多くすれば、ブログのファンはGETできる。。。はず。。。

 

今は検索エンジンのバージョンアップのお陰で、個人だろうが、企業だろうが中身の勝負で検索上位は狙えるのも大きい。

 

PVさえ集めてしまったら、お金を稼ぐ方法は正直何とでもなると思っている。アドセンスでもいいしアフィリエイトでもいいし、それこそ、自分から企業に

「◯◯に特化したサイトを運営していて、1日△△PVです。広告出しませんか?」

みたいな営業するのも楽しいと思う。

 

 

 

ブログで稼げると確信してる理由その③

お金・健康・恋愛・仕事

 

日本中の人に、この4つどれも悩みがない人はそういないと思う。というか、いないと思う。

この、どれかの特化型ブログにしてしまうのが一番PVを稼ぐ近道だと思っている。

 

Google先生にこの4つのどれを検索しても、競合となるブログは山ほどある。ただ、どれも根拠が不明確なものが多いからまだまだ戦える。

 

初めは、

検索キーワード3つで上位表示を狙い。それが実現したら2つ、1つと上位表示を狙うキーワードを狭めていけば、PVは半年かからず3ヶ月くらいで月1万PV以上になるんじゃないだろうか、、、

 

「ナンパ 会話 実例」

(↑検索キーワード3つ)

「ナンパ 会話」 

(↑検索キーワード2つ)

「ナンパ」

(↑検索キーワード1つ)

 

 

理想とするブログは、敬愛するパレオ様のようなブログだけど、あそこまでは少々の努力じゃたどり着けなさそう。

yuchrszk.blogspot.jp

 

エビデンス(根拠)が明確なブログをかければ、今まで取りこぼされていた層をある程度GET出来るはず。

 

f:id:sousyokukusao:20170403153557p:plain

自分には英語の論文を読みこなす能力は残念ながらこの数ヶ月でつけるのは、難しいから、根拠は書籍にする予定です。

幸いなことに著作権法を調べたら、

引用)

第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

2 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。

 引用元サイト:公益財団法人著作権情報センター

 すごい難しいに引っかかってしまたっけど、要は丸パクリじゃなくて、自分の主張の根拠など主従関係が明確であれば、利用して良いらしい。大学の時の卒業研究で外の研究者のデータや論文引用して良いのと同じ感じみたい。

 

 

 

まとめ

う。

今回は特にまとめようがないですが、、、

 

こんなポンコツでもブログで稼げるようになるんだーって、後々成功して誰かが見た時に思ってくれたら嬉しいです。

もしくは、こうならないように気をつけようと思って頂ければ。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

広告を非表示にする